表面張力の決定

テストインクを使用してプラスチック-金属-ガラス-セラミックなどで出来た固体の表面エネルギー(OFE)/表面張力(OFS)を確定できます。
これにより、とりわけ、印刷-接着-ラッカーなどに対する表面の付着の可能性についても、利用の際の様子で決められます。

表面張力の決定は、試験される表面上にテストインクを塗布することで行われます;長さ数センチの被膜を塗り、テストインクの様態を観察することで行われます。被膜が-インクの仕様に応じて-2秒または4秒内で縮む場合には、試験面のOFSは、テストインクのそれよりも低いということです。逆に、被膜のマークが周りに流れ出すと、塗布されたインクのOFSは、表面のそれよりも低いことが示されています。

被膜が観察時間内に変化しなければ、OFSの数値はちょうどであるか、やや高いということです。
このアプリケーション例では、PINK 38ジャンボテストペンを使用して、黒いPEプラスチックの表面張力をテストします。